◆次回予告◆

11月17日(土)北海道米躍進の原動力?保存を学ぶ
北海道のコメの歴史を学ぶシリーズ最終回。今回は北海道米躍進の原動力の一つ、コメの保存を学ぶ。この施設があるとないとではコメの味が違う?
巨大ライスターミナルの仕組みに迫る。
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2018年11月(12件)
<< [1] [2] >>

2018年11月10日(土) |  ♯498 チームオホーツク豆の聖地への取り組み後編!
2018年11月09日19時09分20秒更新

新たな豆産地として注目される
オホーツクにやってきた、あぐりメンバー!

そこで、手刈りによる大豆収穫を体験!
参加してくれたあぐりっこは、
札幌から来たヨシキくんと、
網走から来たアヤネちゃん。

手刈りの後にコンバインでの収穫を見学!
その迫力と技術に、衝撃の連続!



生産者 仲西政克さん
「(収穫した大豆は)農協に行って
 オホーツクビーンズファクトリーに行きます」

今回のあぐり王国ネクストは
新たなる豆の聖地、
オホーツク・ビーンズ・ファクトリーに潜入!
そこで見た、驚きのスケールと最新設備とは?


森結有花アナウンサー
「オホーツク地方の大空町にきました!
 先週は大空町の大豆について学びましたが
 私たちが収穫した大豆が
 どうなるのか想像できますか?」

鎌田佳樹くん
「まずは豆腐になるんだと思う」

森崎博之リーダー
「いきなり豆腐になるんじゃないかと。
 ヨシキ残念ながらな…
 豆腐は豆腐屋さんが作る!
 だから豆腐屋さんにいくまでは?」


ヨシキ
「汚れを全部とって
 溶かして容器に入れて冷やす

森崎リーダー
とにかく豆腐にしたいんだな。
 とにかくヨシキは早く豆腐にしたい」

高畑絢音ちゃん
「豆腐になる前に殻とか取り除いて
 洗ってから、何か加工してから
 豆腐屋さんに届くんじゃないかな?」

森崎リーダー
「なるほどね…
 みんなゴールは豆腐ね(笑)。
 ゴールは豆腐だって先週習いましたから…」

〜先週の放送の振り返り〜
仲西さん
「これは“とよみづき”という品種です。
 これは豆腐になりますね」

森アナ
「そしてここオホーツク地方で収穫された豆は
 こちらの工場に全て集まるんです。
 何って書いてます?」

森崎リーダー
「オホーツクビーンズファクトリー!」


オホーツク・ビーンズ・ファクトリー!
オホーツク地方全域から20種類以上の豆を集め、
出荷までを一手に担っています。
延べ床面積・2万uという大きさで、
9千トンもの豆を貯蔵可能。

この秋から稼働を始めた最新の施設。
その大きさと新しさで、
あぐりメンバーもテンション高めです!


2018年11月10日(土) |  オホーツクの豆のブランド化の拠点に!
2018年11月09日19時09分41秒更新

森アナ「近くでみると大きいですね」

リーダー「迫力あるねええ〜」

オホーツク・ビーンズ・ファクトリーの
天野竜二さんに施設を案内して頂きます!



リーダー
「豆有名なのは十勝エリアですが
 十勝だと地域ごとに選果場や工場がある。
 そこで加工などもされますが、こちらは?」

天野さん
「オホーツク地方は
 この工場1つで豆を扱うことになります」

リーダー「そんなことあります??」

天野さん「今までありませんでした」


天野さん
「十勝に比べると豆の数量は少ないですが
 1か所から出す量としては
 十勝の各JAと同じくらいなので
 数量の勝負もかけていける

リーダー
「同じ北海道ですけども
 エリアごとの生産物への誇りがありますから」

天野さん
「我々としてはオホーツク豆のブランド化を
 はかっていきたいと考えていますので
 この工場を基盤に頑張っていきたい!」

ということで、さっそく中へ。

まずは荷受の作業。
オホーツク管内各地のJAから、
すべての豆が、ここに搬入されます。


リーダー
「入ってきた入ってきた…
 ここからどうなるの?」

するとコンテナを斜めに傾けると…


ザアアアアアア〜〜

大量の豆がタンクへ―


あぐり一行「うわああああ」

リーダー「この搬入は初めてみた」

ぱちぱちぱち

あまりの感動になぜか拍手!

荷受した豆は、これから様々な工程を経て
製品になっていきます。

そこでも驚きの連続が!


2018年11月10日(土) |  カメラで一瞬で良し悪しを見分ける!
2018年11月09日19時09分57秒更新

オホーツク・ビーンズ・ファクトリーで、
まずは荷受作業を見学した、あぐりメンバー。
続いて案内してもらったのは…

天野さん「ここは操作室になります」



工場の作業、全てを管理する操作室。

例えば、ボタン一つで、先ほど荷受した大豆が、
調製ラインに乗ります。

アヤネ「あっ大豆が流れてくる」


あぐり一行「うわ〜」

リーダー「確かに確かに」

森「大豆が流れている〜」


工場内には45個のカメラが設置され、
正常に作業しているか、
操作室で確認することが出来ます。

ラインに乗った豆は、工場内を移動しながら、
様々な選別を受けていきます。

あぐりメンバーは、
金時豆の選別作業を見せて頂くことに−

天野さん
豆の色を認識して
 色の良い豆だけを選別して流しています」

森「モニター画面に何か映っている!」

天野さん
「豆が一瞬で流れているのを
 カメラで撮って色の判別をしています。
 実は豆がすごい勢いで流れています。
 この一瞬で判断して色を見分けています」

リーダー「どうやってはじいてるの?」

天野さん
1粒1粒をカメラで見て
 色相が良くないものを風ではじく!


色のほかにも、
豆の重さ・形を選別する機械を通じて、
品質の良いものが厳選されていきます。

機械が仕分けした豆の違いは、ご覧の通り。
弾かれた豆は市販されず、
業務用などに使われます。

リーダー
「この機械で選別して合格したものは 
 出荷されるんですか?」

天野さん
「いえ!まだまだこっから調製は続きます。
 これだけでは合格とは言えませんので
 さらに人の目を通して調製します」


2018年11月10日(土) |  夢にまで出る?豆の選果作業
2018年11月09日19時10分11秒更新

ということで、手選室(てせんしつ)に
案内して頂いたのですが…

天野さん
「手選室に入る前に
 みなさまには身を清めてもらいます!
 選別室というはクリーンな部屋になります。
 エアシャワーに入っていただきて
 手選室に入ってもらいます」

リーダー
「えっ?エアシャワー必要なんですか?
 ちょっと待ってください。 
 エアシャワー僕らも入ったことありますが
 例えば乳製品のチーズ作りですとか
 ハムやソーセージ作りという
 直接口に入るものですよ。
 豆はまだ加工前なのにエアシャワー?」



天野さん
「今は一次農産物であっても
 それは食品と同じだということで
 かなり指摘されますので
 我々の工場はそういうところから
 クリアしたいと思っております」

さて、改めてエアシャワーで身を清め、
手選室(てせんしつ)へおじゃまします。

リーダー
「数年前、あぐり王国で体験をさせてもらって
 その日の夜…
この夢でうなされたの!」

あぐりっこ&森 大爆笑

森「何が辛いんですか?」

リーダー
「何が辛い???
やってみましょうよ」


これまで機械が選別した豆を、
さらに人の目と手で選別していきます。

あぐりっこと
不器用すぎることでおなじみの森アナが、
手選別に挑戦!すると…


「私、これ得意かもしれないです!」


天野さん「いいと思います!」

森「これ楽しいです!」

リーダー「楽しいんだ…」


天野さん
「あら?才能ありますね。
うちで働いていただきたい!」

リーダー
「本当ですか。置いていきます

森アナお約束の残念なシーンが
撮れなかったことはさておき、
手作業の大切さを学んだあぐりメンバーでした。


2018年11月10日(土) |  地域一体となって豆をPR!
2018年11月09日19時10分31秒更新

袋詰め作業は−

アヤネ「早い!5秒くらいで完了している」

リーダー「あっという間に入ってる」



天野さん「ミシンで縫ってます」

あぐりっこ「すご〜い」



「あの〜上に筒みたいのがあるじゃないですか。
 この上ってもしかすると
 さっき選別した所ですか?」

天野さん
「上にある選別の機械が並んでいる部屋から
 豆が送られてくるんです」


リーダー
「じゃあこの上にお母さんたちいるの?」

天野さん「いますね」
 
あぐり一行
「おかあさ〜ん!お疲れ様で〜す」


こうして安心・安全な豆が製品化されて、
全国へと羽ばたいていくのです。

天野さん
「オホーツクの豆というのは
 我々農協団体だけがやってるだけではなく
 生産者の思いが詰まっているものです。
 ですので生産者さんの思いを
 全国に向けて発信していきたいと思いますので
 これからもこの施設を使って
 新たな製品を供給していきたいと思います」

リーダー
「きっとオホーツクの豆って
 もっとすごい躍進しているんだろうな〜
 ということが予想できますよね」


「これからが楽しみになりますよね」


リーダー
「そうなったら十勝が黙ってないから!
 十勝もやってきますよ!

「切磋琢磨!」

リーダー
「他の地域も十勝・オホーツクだけでなく
 うちだって頑張るぞーって
 こうやって北海道の農産物って
 進化していくんだなって改めて思いました」


じゃじゃん!もんすけです!
オホーツク地方全域の豆を扱う、
オホーツク・ビーンズ・ファクトリー。

豆を1か所に集めることで、
どんないいことがあるのか聞いてみたよ。

オホーツク・ビーンズ・ファクトリー
工場長 清水則子孝さん
「今までは各JAが細かくやっていましたけど
 オホーツク管内全域から
 集約・調整することによって
 安定した良質的な豆が出荷されますので
 それによりブランド化がはかられ
 生産者の収益にもつながっていく…
 こういう使命のもとに頑張っていきたい」

オホーツク管内にある14のJAが
運営に参加している、
オホーツク・ビーンズ・ファクトリー。
地域が一丸となった、
おっきなプロジェクトなんだね!
全国の食卓に、オホーツクの豆が、
もっともっと届くといいな〜


地域が一丸となって、
豆のブランド化に取り組んでいるオホーツク地方。
こういった取り組みは、実は生産者やJAに
限ったことではないのです。

こちらは北見にある老舗のお菓子屋さん、清月。

1935年の創業以来、看板商品となっている
「薄荷羊羹(はっかようかん)」や、
カーリング女子日本代表「ロコ・ソラーレ」の
もぐもぐタイムでよく知られるチーズケーキ、
「赤いサイロ」など、
全国的な知名度を誇っています。

その清月が3年前、
新たなブランドを立ち上げました。
その名も「きたみあずき屋」


清月 代表取締役社長 渡辺主人さん
「3年前に創業80周年を迎えるにあたって
 何か地元北見に恩返しができないかと
 考えた際に思い当ったのが
 北見の小豆を使ってはどうか…と。
 私たちが住むオホーツク北見地方の小豆も
 優れた品質を誇っていますので
 我々お菓子屋が良さをお客様に伝える
 使命があるんじゃないかと思いまして
 『きたみあずき屋』というブランドを立ち上げて
 全国に発信していこうと!」

一方、こちらも老舗、
100年以上の歴史を持つ、ホテル黒部。

ここでは去年から、
「オホーツク豆フェスタ」というイベントが開かれ、
オホーツクの豆の魅力を広く伝えています。


2018年11月10日(土) |  お豆料理をいただこう!
2018年11月09日19時10分46秒更新
さて、そのイベントで豆料理を振る舞った、
ホテル黒部の和食調理部部長・中鉢弘昭さんに、
アイデア豆レシピを教えて頂きます!


リーダー
「簡単で美味しいやつをお願いします!」

中鉢さん
「まず豆は下処理が大変
 一晩置かなきゃダメです!
 それを煮たり蒸したりするんですけど
 私は蒸してます!
 蒸し豆にすると色んなことに使えますし
 冷凍もできますし!」


中鉢さん
「家庭で蒸すのが難しいなと思いましたら
 炊飯器で炊いても大丈夫です!」

あぐり一行「ええええええ」

中鉢さん「お米と同じように炊けてます!」

ビックリ!お豆が炊飯器で出来る!
詳しいレシピはコチラ
http://www4.hbc.co.jp/agri_recipe/list.php?selectdayforcal=20181110&selectmonthforcal=201811


さてお料理が完成しました!

リーダー
「やっぱりプロってすごい!ごちそうですね」

森「美しいですよね」


ではいただきま〜す!

アヤネ「じゃあ♪おひたしから!」

リーダー「豆のおひたしどうなんだ?」

アヤネ
「ダシの香りもするし
 豆に味が染みてますね!」


ヨシキ
「じゃあ僕もおひたし気になるんで…
 すごい染みてる!
 すごい…あの〜〜
 もう一口いいっすか?」

リーダー
「どうぞどうぞ!全部たべちゃうな」


リーダー
「どうなのどうなの。
 これおれ歴史変わっちゃうんじゃないの?
 (一口食べて)うま〜い!おいしい!!!
 新しい扉、開きました!
 ツナと合いますね!」

中鉢さん「豆とツナって合うんです」


では大豆と鶏肉の白ワイン蒸しは…


おいしい!食感が楽しいですね。
 お肉がまず柔らかい!
 大豆がプリプリっていう歯ごたえがあって
 肉汁とのバランスがものすごくいい!
 大豆と合いますね」


続いて、炊き込みご飯もいただきます!


「美味しい♪豆がすごくふっくりしてますね。
 豆の甘みもありますがスモークサーモンの
 ふわっと香りもしますね」

リーダー「すすむ〜♪」



「今日一日お勉強してどうでしたか?」

ヨシキ
「十勝に負けないように頑張るぞっていう
 強い思いがあって…
 そういう気持ちの積み重ねで
 大きなことをやっているのがすごいと思った」


アヤネ
「オホーツク地方の全域から豆が集まるから
 団結力があって絆があって
 あたたかい町だと思いました」

リーダー
「そうだね。いいとこ住んでるなアヤネ」


リーダー
「オホーツクの豆が変わりつつある…
 もう成果が出ていますね」

中鉢さん
「極端に言うと豆もごはんと同じように
 食べてもらえればいいなと思います」

リーダー
「作り方聞いたら難しくない!」

中鉢さん
「ご飯と同じように炊けます」

リーダー
「ですよね。おじさんでもできそう♪」

----------------------------------
11月3日のクイズ
「豆腐やしょうゆや味噌などの原料になる豆は、
 なんだったかな?」
 
正解は「大豆」でした。


2018年11月03日(土) |  ♯497 チームオホーツク豆の聖地への取り組み!前編
2018年11月01日18時10分58秒更新

豆腐と油揚げの味噌汁
しょうゆを垂らした先にあるのは…納豆

私たちが良く見慣れた、食卓の風景。
そして、私たちが今見ているもの全て、
もともとは豆!

私たちの食卓に欠かせない農作物、豆類!



様々な料理やお菓子、調味料などの原料となり、
食生活に彩りを与えてくれています!

しょうゆや味噌、豆腐などの原料となる大豆。
あんなどの原料となる小豆。
煮豆や甘納豆など料理の材料となる
インゲン豆類。


これらの生産量は、
北海道が断トツの全国1位!

そんな豆王国北海道に、
この秋、新たな豆の聖地が誕生しました。


大空町にある
オホーツク・ビーンズ・ファクトリー!

オホーツク全域から
豆を集約して製品化を一手に引き受ける、
豆産地としては画期的な施設!
一大産地、一大ブランドとして、
オホーツクの豆が、
ここから全国に羽ばたいていくのです!

今回のあぐり王国ネクストは、
今まさにアツい、オホーツクの豆に注目です。


森結有花アナウンサー
「オホーツク地方の大空町に来ました!」

森崎博之リーダー
「気持ちいいなあ〜いいですねえ」

森アナ
「オホーツクというと
 どんな食べ物のイメージですか?」

リーダー
「ホタテ・カキとか北海シマエビとか?」

森「リーダーこの番組何年やってるんですか?」


リーダー「10年!!」


「あぐりで北海シマエビ出てきたことあります?」

リーダー「ないですねえ」

森「今回注目するのは豆!です」

リーダー
「豆というと十勝のイメージが強いですね。
 もちろん北海道全域で生産をされていますが
 やっぱりピーンとくるのは十勝の豆…。
 広大な豆畑ってイメージありますから
 オホーツクはあんまり…
 ピントきてません。今のところ」


「でも実はここオホーツク地方では
 20種類以上の豆を生産を行っています。
 しかもそれだけ沢山の豆を生産しているのは
 北海道でもなかなかないことだそうです」

リーダー「へ〜種類が多いんだ」


もともと、
ジャガイモ、麦、ビートなどの産地として
発展してきたオホーツク地方の農業ですが、
温暖化の影響などもあり、
豆類の栽培に適した土地として見直されています。

取り扱う品種の数、面積当たりの収穫量は、
全道トップクラス。

豆産地として、今後の期待が高まっているのです。


森「まずは豆の基本・大豆について学びます」

一緒に学んでくれるあぐりっこは−
札幌の小学6年、鎌田佳樹(ヨシキ)君と、
網走から参加の小学5年生、
高畑絢音(アヤネ)ちゃんの二人です!

リーダー「豆は好きですか?」

ヨシキ「はい…」
アヤネ「普通です」

リーダー
「豆を加工して出来ているものは?」

アヤネ「納豆!」
ヨシキ「しょうゆ!」

ここで挙手。

アヤネ「あっ!みそ!」

みんな挙手「はいっ!」


ヨシキ「豆腐!」

また挙手。

ヨシキ「はいっ!枝豆」

リーダー
「枝豆も大豆の未熟なものだ!」

さて、そんな大豆を学ぶため、
収穫時期の畑へおじゃまします!


2018年11月03日(土) |  カラカラ…お豆の栽培スケジュール
2018年11月01日18時11分30秒更新

森アナ
「今まさに収穫の時期をを迎える
 大豆畑にまいりましょう」

リーダー
「キレイだねえ〜すごい景色広がってる!」

森「生産者の仲西さんです」



リーダー
「いや〜すみません。
 中西さんよりも向こうの畑に
今…見惚れてましたあ〜♪」

女満別大豆生産者営農集団代表、
仲西政克さんにオホーツクの大豆について
教えて頂きます!


さてあぐりっこ。豆畑を見て一言…

ヨシキ「何も言えない!」

あはは(笑)

リーダー
「学校のグラウンドとどっちが広い?」

アヤネ「こっち!」
ヨシキ「断然こっちの方が広い」


仲西さん
「だいたいこの畑で7ヘクタールくらい!」

リーダー
「札幌ドームの敷地より広いです!」


「この7ヘクタールでどれくらい
 収穫量があるんですか?」

仲西さん「だいたい21トンくらいです!」

リーダー
21トン!!!
 今わたしたちが見ている風景から
 21トンの大豆が収穫される!」


ところで、大豆にも様々な品種があり、
味噌に向いたもの、納豆に向いたものなど、
それぞれに特性があります。
ここの畑で育てているのは、
タンパク質が多く、主に豆腐に使われる、
「とよみづき」という品種です。

1房収穫してみると…

アヤネ「けっこう皮が硬い!」

仲西さん「乾燥しているからね」

リーダー
「パリパリと割れるのが枝豆と違うね」

ヨシキ
「あっ!でたでた」


リーダー
「これが枝豆だったって信じられる?」

アヤネ「いや…」

ヨシキ
「無理ですね。どうも繋がりません!


オホーツクの大豆の
栽培スケジュールを見てみましょう。

5月下旬に種をまき、6月〜9月が生育期間。
枝豆になるのは8月頃。
10月上旬に収穫を迎えます。


大豆は、雨や高い湿度が苦手。
その点、梅雨の無い北海道。
中でも日照率が高いオホーツク地方の天候は、
栽培に適しているのです。


「生育期間に今年は台風ですとか
 雨もたくさん降りましたよね」

仲西さん「そうですね6月に…」

リーダー
「長雨って豆にどう影響しましたか?」

仲西さん
「初期生育は悪かったですよね…
 ちょっと心配してたんですけど
 最後は持ち直してくれた!」


リーダー
「とにかく今年の北海道の農産物は
 こんな過酷な条件を耐え抜いた作物ですから!
 きっといつも以上にパワーみなぎるものが
 みのっているはずですよ!」

2018年11月03日(土) |  豆の収穫体験!めっちゃ大変だあ
2018年11月01日18時11分55秒更新
雨にも負けず、立派に実ったオホーツクの大豆。
本来は機械で行うのですが、
特別に昔ながらの手刈りで、
収穫体験をさせて頂きます!


まずは森アナから!

するとまさかの?!というか、やはり…。

ズボッ…。

鎌で刈るのに、なぜか抜いてしまう森アナ!

リーダー「抜いちゃった!根っこ!」



「いや全然(茎に)刃が入っていかない」

スボッ。

リーダー
「また抜いちゃった森さ〜ん」」


さてお次はあぐりっこが挑戦。

ギコギコギコ…

アヤネちゃん「できた♪」

ヨシキ君も…

ザクッ!

リーダー「はいできた〜」


ヨシキ「イエ〜イ!」

リーダー
「あっち(森さん)にもイエ〜イ!

「また落ち込んだ…」

森アナの残念っぷりはさておき、
手刈りの大変さを実感した、あぐりメンバー。
続いて、さやを手でむいて、
小さな升を豆でいっぱいにしてみることに…

リーダー
「小さな枡だったけど、
 これを貯めるのに枝が4つ!
 これがこの畑で21トン!

森 
「枝4つでこれだけなんですよね。
 それがこの畑でってなると
 ものすごい量だっていうのが分かる!」


リーダー
「手作業だとこれだけ時間がかかる!」

2014年から2017年の3年間で、
生産量が1.5倍以上に増えているという、
オホーツクの大豆。

それではここで、本来行っている、
コンバインでの収穫を見せて頂きます!


2018年11月03日(土) |  一気に収穫!一気に豆になる!
2018年11月01日18時12分20秒更新

リーダー
「すごい刈ってます!刈ってます!」

森「けっこう早い!勢いあります」

リーダー「早いですねえ」




「あの中にどんどん大豆が巻き込まれてる!
 暴れている感じですよ!大豆が!」

リーダー
「後ろから何か出ているんですよ。
 ちょっと森さん!見てきて」

ということで近づいてみると…

粉のようなものがぶわああああ〜


「早くそっち行って〜!早く〜!!」

ダッシュして離れます。

リーダー
「何か飛んできた!!
 ちょっと後を見てみましょう」


リーダー
「コンバインが収穫した後です」

ヨシキ「全部キレイになってる!」

リーダー「抜けてませんよね」

ヨシキ「豆が全然残ってない!」


そして−

ヨシキ「全部カラ!」


「カラだけ残っている!
 さっき私たちが1個1個
 パチンパチン、豆を抜いてたのを
 一気にやって殻だけ落してるってこと?」

仲西さん「そうですそうです!」

リーダー
「もう枡に入れたのをやってるんです。
 この一瞬で!すごくないですか!?」



「すごい…
 だからあれだけ激しい作業を
 あの中で行われているってことですよね」

リーダー
「枝とか粉々ですもん。
 あとは全部粉砕されています!」


仲西さん
「粉が出る状況じゃないと刈れません。
 湿気ってるとホコリが出てこないんで
 乾燥していないとダメ!」

大豆を収穫するのは、
乾いてパリパリになってから。

茎が折れやすく、
さやがある程度割れやすくなったのを見計らって、
コンバインで収穫します。

生産者は知識と経験に基づき、
当日はもちろん前日や前々日の天気、
朝露の状況などを見極めて、
収穫しているのです。

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)