◆次回予告◆

7月1日(土)「祝10年目突入!10年目初回は花」
2008年7月のスタートからこの
7月であぐり王国は10年目に突入。10年目を祝ってのテーマは花。北海道の花の実力を世界で活躍するアーティストが森アナの頭に表現。
ページ内検索

   表示:全て(2392件)
<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [+10] >>

2017年03月04日(土) |  真冬にTシャツ?豆苗のハウスとは?
2017年03月03日09時18分24秒更新

森崎
真夏ですか、これは??」

憧れ「暑いですね」

森崎「ハウスの中、どう??」

あぐりっこ「暑い!!」

乙崎さん
「いまだいたい30度ぐらいです」



リリカ「真夏じゃん!」

サキ「ハワイみたい!!」


森崎
「豆苗はどこにあるんですか?」

乙崎さん
白いハウスの中で栽培しています」

憧れ
「ハウスの中にハウスがあるんですね」

森崎
「たぶんあのハウス…
 さらに暑そうだなあ〜!」


室温、およそ30度を超える
ハウスの中で、さらにハウスを設置して
育てているという豆苗。
果たして、白いハウスの中は、
どんな空間が広がっているのか…

乙崎さん「じゃあ、いきますっ」

ハウスの扉を開けると…

憧れ
「うわうわ!アッツイ!
 熱風がぶわ〜っときました」

森崎「中にいってらっしゃい」

憧れ「暑いっ!!すごい」


豆苗を育てている
白いハウスの中の温度は30度。
そしてさらに、
その湿度はなんと100%!
1年を通して、高温多湿の環境で
栽培が行われているのです。

森崎
「芽が出てる出てる!」

乙崎さん
「これはエンドウ豆の種ですね」


乙崎さん
「豆苗はエンドウの豆を使って新芽…
 スプラウト野菜といって栽培してます」

豆類や野菜などの種子を人工的に発芽させ、
その新芽を食用とするものを
「スプラウト」、または「新芽野菜」と呼び、
モヤシやカイワレダイコンなども、
その仲間です。


憧れ
「どれくらい豆苗があるんですか?」

乙崎さん「1万パック

森崎・憧れ「1万パック!」


憧れ
「しかもこれ…
 土が入ってないんですけど
 どうやって育つんですか?」

乙崎さん
水耕栽培(すいこう)といって
 土とか全く使わずに水のみです!
 東神楽の地下水を使ってます。
 大雪山系の美味しい地下水ですね」


森崎
遮光していますけど理由は何ですか?」

乙崎さん
土の中を再現しているんですよ。
 光を当てない方が早く伸びるんですね。
 もやしとかもそうですけど
 ひょろひょろ〜って伸びていく」


乙崎さん
「十分伸びたら日光を当てます!!」

森崎「なるほどですね〜」


2017年03月04日(土) |  豆苗の栽培方法をみていこう
2017年03月03日09時19分03秒更新
豆苗の栽培は
消毒液で殺菌したエンドウ豆の種を
水に浸して発芽させたものを、
プラスチックの容器に入れる作業から
始まります。


あぐりっこも豆苗の種まきに挑戦です。

機械にエンドウ豆を入れて
パックをセットしたら完了!

豆が適量パックに入って
最後に水がかけられます。

森崎
「これが大雪山系の水!飲んでもいいですか?」

乙崎さん「どうぞ!」


ゴクン…

森崎
「うま〜〜い!!
 ミネラリー〜〜!」


種まきを終えた豆苗は、暗室の中で5日間、
大雪山系の良質な地下水のみを与えながら
成長させたあと、日光が当たる場所で、
さらに5日間成長させて出荷となります。

お次の場所は出荷直前のハウスを見学。
ハウスのカーテンを開けてみると…

あぐりっこ「うわ〜」

森崎「春だああ」

憧れ「すごーい。気持ちいい」


リリカ「すごい!めっちゃ多い!」

森崎「多いね。茂ったわあ〜」


憧れ
「どれくらいの長さで出荷できるんですか?」

乙崎さん
「うちでは20センチ前後で出荷してます」

森崎
「種まいて10日で出荷できるなんて…
 すごいスピード野菜だよね」


森崎
「生でも食べれるもんですか?」

あぐりっこ「食べた〜い!」

ということで、出荷直前の豆苗を
試食させていただくことに−


リリカ
「苦くもなく甘くもなくて丁度いい!」

憧れ
甘いキャベツを食べてる感じ!美味しい」

森崎
「食べてると青いんだけど、後から
 豆のふくよかなあま味を感じる。
 すごい好きだ」

すると…丸ごとガブリ!

憧れ
「うっそ〜っ!こうやって食べる人いる??」

乙崎さん「初めてみました…」

憧れ「さすがにいないですよね〜」


じゃじゃん、もんすけです!
大雪山系のおいしい地下水で育てる
東神楽産の豆苗!東神楽温室園芸は、
食の安全や環境保全に取り組む農場に
与えられるJGAP(ジェイギャップ)と呼ばれる
認証を取得して、
安全安心な生産を心がけているんだよ。

東神楽温室園芸 河野和浩さん
「水耕栽培で使う水は
 人が飲める水でなければならない…
 そういった検査や細菌検査も
 ハウス内の色んな箇所でサンプルをとったり
 そういうことをしております。
 本州産がたくさん流通していますが
 北海道で作っているという強みは
 流通に時間がかからない!
 ということで新鮮さが違うことを売りにして
 これからも頑張っていきたいです」

東神楽産の豆苗は、
道内各地のスーパーへ出荷されています。
やっぱり僕たちは、新鮮で安全安心な
北海道産の豆苗が食べたいよね。

■北の豆苗 138円(税込)
 (標準小売価格)


2017年03月04日(土) |  スーパーフードはまさかの、あの野菜!
2017年03月03日09時19分48秒更新

続いては、豆苗と同じスプラウト野菜の
ひとつであり、スーパーフードと呼ばれる
野菜も栽培しているとのことで、
その栽培棟へ−

憧れ
「その野菜を担当されている
 松木平広行さんです」

森崎
「中にスプラウト野菜があるんですね」

松木平さん「そのとおりです」



スーパーフードと呼ばれるスプラウト野菜とは、
いったい…??

森崎
「さあ、ありました。これですね」


憧れ「ん??」

サキ「かわいい!!」

憧れ
「見ても何か全然分からないんですけど」

松木平さん
「これはブロッコリーのスプラウトです」


ブロッコリースプラウトは、
ブロッコリーのタネを発芽させた
スプラウト野菜で、
近年スーパーなどでも見かけるようになった
新しい食材です。

森崎
「ひとつの双葉がブロッコリーになるんだよ」


苗を触っていると…
ふわっと浮きました。

森崎「波打つ!」

憧れ「おもしろい〜」

なんとぷかぷか水の上に浮いています。


裏を見てみると…

森崎
「ブロッコリーの根が伸びているよ〜!
 しかも水がきれい。清んでる〜」


松木平さん
「豆苗よりも栽培期間は半分の
5日でできます!」
 
憧れ「たった五日だって!」

あぐりっこ「早いっ!」


ブロッコリースプラウトの栽培は、
豆苗と同じく、殺菌した種を発芽させて
栽培ポットに入れ、暗室で2日間、
水を与えながら成長させます。

そして、日光が当たる場所
さらに2日間成長させると出荷となるのです。


森崎
「どういう風に食べることが多いですか?」

松木平さん
「サラダですとか生食になりますね。
 あとは豆腐の上にのせたり!」

ということでブロッコリースプラウトを
試食させていただくことに!

リリカ
「そんなにブロッコリーの味はしない」

サラ「草っぽいというか…味が濃い」

憧れ
「少し辛味があります?でもおいしい」

松木平さん
辛味成分(スルフォラファン)には
 人間の体に有効なものがあると
 言われてます」


最近、スーパーで見かけるようになった
新芽を育てて食べる豆苗や
ブロッコリースプラウトなどの
スプラウト野菜!
いったい、どんな栄養価があるのかな?

天使大学 看護栄養学部 荒川義人教授
「種はこれから生命を育てていくのに
 必要な成分が凝縮されている。
 強い抗酸化作用を発揮するビタミンCは
 ホウレン草に比べて豆苗は2倍入っており
 老化防止に役立つようなβカロテンは
 1〜2割り増し入ってます。
 ブロッコリースプラウトは動物を使って
 ガン予防の研究で成果が出ている
 スルフォラファンという成分を
 特徴的に含んでいます。
 食物繊維も期待でききます。
 様々な成分が詰まっているので
 スプラウト野菜は栄養価が高い!」

豆苗は、食べた終わったあとに
根を水に浸しておくと、
新しい芽が伸びて再収穫ができるんだよ。
栄養価を考えると、
2回くらいまでがオススメなんだって。
おトク感があって、
ヘルシーなスーパーフード。
ぼくも沢山食べよ〜っと!


2017年03月04日(土) |  豆苗アイデア料理!
2017年03月03日09時20分14秒更新
東神楽産のスプラウト野菜を使って、
フードプロデューサーの青ちゃんこと
青山則靖さんがお手軽アイデアレシピを伝授!
今回は、東神楽の名産品も取り入れて
調理してもらいます。


青ちゃん
「こちらのパスタは小麦の香りがしっかりして
 もっちりとした食感のパスタですね。
 お蕎麦はそば粉の香りがしっかりする
 歯ごたえのある良いお蕎麦ですよ」

■キタノカオリスパゲッティ 378円(税込)
■東神楽そば 324円(税込)


森崎
「バリバリ生で食べていいのは分かってます。
 生産者の方がどうやって食べるか聞いたら
『サラダです』って言ったんだよ」

青ちゃん
「美味しいですよねっ!でも…
 火を入れるとまた違った味わいになります。
 ということでまずは、
 豆苗の卵とじそばをやっていきます」

※詳しい作り方はレシピコーナーをご覧下さい。


豆苗の卵とじそばと
豆苗のジェノバ風スパゲッティが完成!

ではいただきま〜す♪


サキ
「上にのってるシャキシャキの豆苗と
 卵とじの豆苗の2種類の食感が美味しい」

乙崎さん
「ふだんサラダでしか食べていないので
 こういう食べ方もあるんだなと思いました。
 そばとすごい相性がいいと思います」

青ちゃん
「加熱するとあま味が増すし
 ふわっとした卵にシャキッとした食感が
 おいしいですよね。
 ネギが苦手な人は豆苗を入れると
 シャキシャキして風味もついて美味しい。
 親子丼の薬味としてもいい!」

森崎「万能だね」


続いて、豆苗のジェノバ風スパゲッティも。
その美味しさとは−

松木平さん
「麺がモチモチしているし
 豆苗もブロッコリースプラウトも
 邪魔していないですね」


青ちゃん
「ブロッコリースプラウトは
 苦味があるので味が引き締まる!
 なんで2つ使うと味のバランスがいい!」

青ちゃん
「何に入れても邪魔しないので
 例えばチャーハンや
 炊き立てのご飯にバサッと入れる。
 何に入れてもクセがないので
 邪魔することはない!
 だからラーメンの薬味とか!」

憧れ
「たしかにニンニクと一緒に和えると
 すごくおいしい!」

青ちゃん「そうですね」

憧れ
「もっと豆苗とか入れて欲しかった…」

青ちゃん「もっと入れても大丈夫で…」

憧れ
「もっと豆苗を入れたかった!」

森崎「…文句??」

憧れ「違います…(笑)」


森崎
「お蕎麦屋さんで流行ったら
 需要がガンと増えますよ」

憧れ
「しかも一年中、出会える野菜ですもんね」

乙崎さん
「通年栽培でほぼ毎日出しているので
 もっともっと増やしたいと思います」

森崎「もっと忙しくなるけどいいですか?」

乙崎さん「がんばります!」

森崎
「もっと汗かいて…
 もっと痩せちゃいますけど!」


2月18日のクイズ
「今回訪れた、JA直営のチーズ工房がある
 町は、どこだったかな?」

正解は「足寄町」でした!


2017年02月18日(土) |  ♯419 足寄JA直営ナチュラルチーズ工房に注目編
2017年02月16日14時52分44秒更新

24kg262kg。
これは、ある食品の日本人とフランス人、
ひとりあたりの年間消費量なんです。
美食の国・フランスでは、
日本の10倍以上も消費され、
ヨーロッパを中心に毎日のように
食べられている食品とは…チーズ!

優れた栄養価を持つチーズですが、
日々の食卓にはなかなかのぼらない…。
そんな中、チーズの消費拡大へ一翼を担う
新たなスタイルのチーズ工房誕生しました。

ということで今週のあぐり王国ネクストは、
チーズ王国・十勝に誕生した、
新たなチーズ工房に注目します!



憧れ
「今日は十勝の北東部にある足寄町です」

森崎
「足寄町と言えば松山千春さんですよね。
 あとラワンブキと言って、でっかいのだと
 4メートルくらいにまで育つフキ!
 何度もあぐり王国ではお邪魔してます」


憧れ
「今日注目するものは…チーズ!
 私たちの後ろにあるオシャレな建物は
 ちょっと珍しいチーズ工房なんですよ」

森崎
「あれチーズ工房なんですか?へえー」


今回のあぐりっこは
番組で様々な体験をしたい!という、
小学4年の中川理筑(リツ)くんと、
料理をつくってみたいという、
しっかり者の5年・松田桜和(サヨリ)ちゃんです!


森崎
「チーズが何からできているかな?」

サヨリ「牛乳!」


森崎
「そうです!
 ではどうやって作られるかな?」

リツ「腐らせる!」

森崎・憧れ「腐らせる(大笑)」


森崎
「うーん…腐ってはいないね(笑) 
 発酵って言うかな!
 ではどうやったチーズになるのか
 しっかり勉強しましょう!」

やって来たのは、
2014年からチーズづくりを行なっている
『あしょろチーズ工房』。

地元・足寄産の生乳を使い、
カマンベールタイプや、チェダータイプなど、
10種類ほどのナチュラルチーズを製造しています。
早速、その工房の中へ!


「おじゃましま〜す」

本日お世話になる工場長であり
チーズ職人である鈴永寛さん。

去年、フランスの世界的なチーズ協会から、
製造や普及への功績を表彰された、
世界も認めるチーズ職人なんです。


2017年02月18日(土) |  JAあしょろ直営のチーズ工房!
2017年02月16日14時54分11秒更新

憧れ
「ここは珍しいチーズ工房とお聞きしました」

鈴永さん
「そうですね。
 ここはJA直営のチーズ工房で
 全国的に珍しいですね」



森崎
「JAはチーズを作るための生乳を
 酪農家から集めていますよね。
 それを買って、
 普通のチーズ工房は作るけど
 JA直営だと直接やりとりができる!」

鈴永さん
「どういう人が生乳を生産しているか分かり
 たくさん生乳をいただけるので
 多岐にわたって種類が作れて
 手軽にチーズが食べてもらえる
 環境作りができると思っています」

そうなんです、生乳を届ける側のJAが、
自ら運営する「あしょろチーズ工房」。
町内84軒の酪農家のうち、
5軒から1日およそ1800kgもの、
新鮮な生乳を受け入れています。

安定して多くの生乳が手に入る環境の中、
毎日80kgほどのチーズを製造。
小規模工房よりも生産性が高く、
大手では難しい手作りのこだわりが、
JA直営ならではの魅力なんです。

鈴永さん
「小規模の工房も行きましたし
 乳業会社でもチーズを作ってきました」

森崎
両方のいいとこどり!なんですね」


鈴永さん
チーズらしいチーズを作っていますね」

森崎「あまりにもざっくりした…」

鈴永さん
空気を感じるというか…
 風を感じるというか…」


森崎
「いよいよきましたよ。
 表現が詩的になってきた」

憧れ「ポエマーですね!」


じゃじゃん もんすけです。
チーズづくりに適した酪農地帯・足寄町。
本来なら、「生乳の橋渡し役」となるJAが、
チーズづくりまで行なうようになったのは、
ある理由があったんだって。

JAあしょろ 小笹 末広さん
「もともと第3セクターで運営していた
“あしょろ農産公社”の閉鎖に伴い、
 足寄町の農業活性化を図る上でも
 地元の新鮮な牛乳を使用してきた乳製品の
 販売をなんとか引き継ぎたいという思いで
 当JAが展開することとなりました。
 道内の方々に知ってもらいたい!
 食べていただきたいという思いでやってます」


チーズはどこで買えるの?

小笹さん
「地元ですと… JAあしょろ直売所の
“寄(よ)って美菜(みな)”
 並びにAコープで販売。その他は
 札幌駅にある“北海道どさんこプラザ”
 北広島市にある“くるるの杜”でも
 販売しております」

地元のチーズを途絶えさせないという、
JAあしょろの熱い思い!
酪農への誇りと愛情を感じるよね!

■直売所「寄(よ)って美菜(みな)」
 住所:足寄町北1条1丁目3-1
  TEL:0156-28-0303


2017年02月18日(土) |  チーズの食べ比べ♪
2017年02月16日14時54分48秒更新

憧れ
「チーズの種類について教えてもらいましょう」

鈴永さん
「2つに分かれます。ナチュラルチーズ
 軟質のカマンベールタイプだったり
 モッツァレラタイプがありまして、
 半硬質のゴーダタイプ、硬質のチェダーなど…」

森崎
「それぞれ味だけじゃなく
 作り方も出来上がりの期間も違う!」



森崎
「1番長いものでどれくらいの熟成期間?」

鈴永さん
「ここのチーズは約6か月くらいあります」

リツ
「作っている途中で食べちゃいそう!」

憧れ「そうだね。我慢できないよね」


ナチュラルチーズは、硬さによって分類され、
その硬さはチーズの水分量によって変わります。
熟成期間によって、
味わいが変わっていくのも特徴的。

一方のプロセスチーズは、
ナチュラルチーズを溶かして加工したもの。
保存性を高くし風味が変わらない特徴があります。


では実際に、
工房のナチュラルチーズを食べ比べてみることに!

森崎
「まず軟質タイプからいただきましょう」

軟質白カビタイプ「天」をいただきました。


森崎
「うーんクリーミー。柔らか食べやすい。
 牛さんが目の前を横切りました」

リツ
「おいしい!とろける!」

■天(TEN)648円(内税)


続いて半硬質の「ゴーダ」と、
チェダータイプの「結(ゆい)」。
それぞれ、熟成期間は1ヵ月と3ヶ月です。
まずは、ゴーダから…

森崎
「プリプリ!おせちのかまぼこみたい!
 すごい弾力ありますね」

サヨリ「かまぼこの食感!」

■ゴーダ1296円(内税)


チェダータイプ「結(ゆい)」の味は?

リツ
「おいしい!
 色もこれまで食べた中で一番濃いのに
 そんな味は濃すぎないので丁度いい!」

森崎
「『結』の方がよりうま味が出ている感じ!」

■結(YUI)648円(内税)


最後に、あしょろチーズ工房で最も硬い、
硬質タイプのチーズ「大(だい)」。
その熟成期間は…?

鈴永さん「こちらが6か月です」

食べてみると−
憧れ
「硬い!噛むのが大変なくらい硬い!
 深みのある味ですね。でも美味しい」

リツ「硬い…」

■大(DAI)756円(内税)


同じ生乳からできているのに、
食感も味も違う「チーズ」。
その栄養価について荒川先生に聞いてみたよ。

天使大学看護栄養学部 荒川義人教授
「チーズは乳酸菌や酵素などを使って
 牛乳の成分を固めたものです。
 従って牛乳に含まれているタンパク質や
 カルシウム・脂肪分・ビタミンAなども
 しっかり含まれていますね。
 カルシウムは成長期のお子さんにとって
 丈夫な骨を作る成分ですし、
 また高齢者になっても特に女性の方が
 骨粗しょう症に罹ったりしますので
 そういったことを予防するにも
 毎日食べてほしいのですが、
 脂肪分・塩分の取り過ぎに注意しながら
 チーズを積極的に食べることが大事!」

そのまま食べても、加熱して食べても、
効果は変わらないんだって。
おいしくて栄養もあるなんて嬉しいよね!


2017年02月18日(土) |  チーズ作りをみてみよう!
2017年02月16日14時55分44秒更新

ここまでチーズの種類や味の違いを
学んだあぐりメンバー。
続いて、あしょろチーズ工房のチーズづくりを
見せていただくことに!

森崎
「どれくらい生乳入っているんですか?」

鈴永さん「約740kgですね」

森崎
「牛乳のパックが740本!
 こんなにたくさんの牛乳見たことある?」

リツ「見たことない!」



鈴永さん
「今は乳酸菌を入れ、発酵させています。
 目には見えないけど乳酸菌が
 いっぱいいるはずです!」

森崎
「あ〜いますね〜!
 随分といます。増えてますね。
 どんどん増えてます」

憧れ「どうして見えるんですか!」


チーズづくりはまず、
殺菌した生乳に乳酸菌を入れ、
発酵を促すことから始まります。

次に、レンネットと呼ばれる、
生乳を凝固させる酵素を入れ、
固めていくんです。

30分もすると、サラサラだった生乳に変化が…

リツ「固まっているっぽい」

サヨリ「プリンみたい」

森崎
「そうだねお豆腐だとか!」


鈴永さんがヘラで表面をなでると
固まっていますよ。

森崎「うわ〜」

憧れ「気持ち良さそう!」


森崎
「うわっ!たまんない…
 オレこういうの大好きなの!」

憧れ「入りたい!!?」

森崎「入りたい??」

そこまでできませんよね…


森崎
「もうこれ牛乳寒天だ」

鈴永さん。ヘラで表面をずっと触っています。

森崎
「いつまでやっているんですか?」


つい感触を確かめたくなるほど、
プルプルの状態になった生乳。
ここからチーズにするため、
釣り糸が張られたカッターで、
さいの目状にカットし、
固体と液体に分離させます。

その後、ヘラで撹拌し粒をさらに細かくします。
水分の少ない硬質チーズほど
細かくする必要があり、
なんと1時間も混ぜ続けるんです!


鈴永さん「8の字にかき混ぜます」

憧れ「それを1時間しているんですか?」

森崎「これは大変だぞ〜」

憧れ「ずっと手作業ですか?」

鈴永さん「そうです。回し続けます」

憧れ「ひとりで?」

鈴永さん「はい!」


憧れ「寂しくないですか?」

森崎「それはお仕事だからね!」

憧れ
「何を考えながら回しているんですか?」

鈴永さん「“無”ですね」

するとリツ君
「ちょっとやってみたい!」


2017年02月18日(土) |  じっくり…丁寧に育てていくチーズ
2017年02月16日14時57分55秒更新

ということでリツ君もかき混ぜに挑戦!

やってみると…

リツ「うううううう…重たい…」

憧れ
「頑張って頑張って!
 でも全然8の字になってないけど、
 リツどうした?」

リツ「重たい…」



森崎
「こっちもあっちも浮いてないぞ」

リツ「ああああ〜これ大変…」

憧れ
「リツ、これ1時間だって。どうする?」

リツ「もう嫌だ」

森崎「早いよ〜(笑)」


1時間後、分離した水分を抜き、
残った固体を成型していきます。

こうして、使う生乳からチーズが出来る量は、
わずか10分の1。
栄養が凝縮された貴重なチーズは、
乾燥させた後に熟成庫へ−


あぐりっこ「うわ〜すご〜い」

憧れ「こんなにたくさん!」

森崎「うわっ!いい香り♪」

鈴永さん「150個くらいあります」

森崎
「うわ〜すごい。50個欲しい」


熟成庫には熟成期間別に様々なチーズが並び、
日々、風味やうま味を蓄えていきます。
しかし、ただ何もせずに放っておくワケではなく、
ここでも大事な作業があるんです!

鈴永さん
「ブラシでチーズを磨いて いきます。
 チーズの表面に白い酵母が生えていますので
 ブラシで削り落すことで
 風味づけしている状態です。
 酵母が生えてきて、また削り落とすことで
 どんどん風味をつけていきます」

ゴシゴシゴシ…

憧れ「かなりしっかりしたブラシですね」

鈴永さん
塩水で洗います。
 傷をつけることで表面を硬くして
 じっくり熟成できる環境を作っています」

森崎
「いやキレイだねえ〜♪
 洗って磨いてピカピカになってる」


チーズづくりに欠かせない、
ブラッシングの作業。
1個8kgほどのホールチーズとあって、
こちらもなかなかの重労働なんです!

サヨリちゃんもやってみますが
「重い…」

森崎
「どれくらいの頻度で磨くんですか?」

鈴永さん「2日に1回ぐらいですね」

森崎「まさか…全部ですか?」

鈴永さん「全部です!」

森崎「ひええええ〜」


そうこう話しているうちに
やっと1つの磨きが終りました。

サヨリ「はあ〜」

森崎「これを150個だって!」

サヨリ「絶対無理…」

憧れ
「まさかこんなに手間がかかるとは
 知りませんでした…!」

森崎
「手を使うし力も使う。
 美味しいモノって時間がかかるんだわ。


2017年02月18日(土) |  チーズとご飯?感動の組み合わせ!
2017年02月16日14時58分38秒更新
憧れ
「あしょろチーズ工房のチーズを使った
 お料理をさっそく頂きましょう。
 直売所に蜂谷さんに作って頂きます」


まずは、3ヶ月熟成させたラクレットチーズ。
専用のオーブンで、表面をじっくりと溶かし、
地物のジャガイモにかけていただきます!

■真(SHIN)648円(内税)


リツ
甘くておいしい〜です!
 チーズが甘いっ!」

サヨリ
「ジャガイモも美味しいし
 チーズも甘くて美味しい♪」

森崎
うまみ半端ない!
 熟成させて溶かしたチーズはたまらない!」


続いては1ヵ月熟成の「ゴーダチーズ」を使った
料理なんですが、チーズ職人の鈴永さんから、
一同も驚きの食べ方が!?

鈴永さん
「炊き立てのご飯ゴーダチーズ
 かけて食べるんです!」


ということでやっていただきます。
 
炊き立てのご飯に、
細かくしたゴーダチーズを入れ、
5分ほど蒸らすだけでできる、チーズご飯。
果たして、そのおいしさとは?

リツ
「最初くどいと思っていたんだけど
 あっさりしていて美味しい

森崎「チーズご飯あっさりしてるの?」

リーダーも食べてみると
森崎「あっさりしている!」

いつものご飯に、コクとうま味が加わる
チーズごはん。
さらに軽く醤油をかけて食べてみると?

森崎
なまらうまい!こんなの初めてです」


最後は、クリームチーズをたっぷりと使用した、
チーズケーキを!

憧れ
おいしい〜♪
 甘みもあるけどチーズの味もする!」

さて今日を振り返って…


森崎
「チーズ工房もなくなっちゃう危機があった」
 
鈴永さん
足寄町のチーズの火を消したくない!
 というJAあしょろの思いが強かったので
 そういう想いを受けて
 自分にできることが
 微力ながらあるのかなと思うので
 今後もおいしいチーズを作っていきたい!」

森崎
「たくさん大変なことを忙しいながら
 やっています。鈴永さん。
 リツにとって、どう見えてますか?」

リツ「う〜〜ん。恩人!!


森崎
「リツは鈴永さんに恩を感じています(笑)」

みんな大爆笑でした。

鈴永さんのチーズにかける想い。
あぐりっこもしっかり受け止めたのかな(笑)。

「今日の気分はこのチーズ!」など
その日によって選ぶ楽しみもあるチーズ。
ぜひみなさんも毎日の食卓にチーズを
召し上がってみてくださいね。

■あしょろチーズ工房のチーズに関しては−
 http://www.jaasyoro.jp/


みなさんこんにちは。
今日は「農と学びの連携を考えるフォーラム」に
ついて紹介するよ

来週25日に札幌で開かれる、
「食の大切さ」を学校教育から伝えようという、
JA道青協主催のフォーラム!
学校の先生が農業体験をする
『農村ホームステイ』について、
参加した先生と生産者の体験談や、
食農教育への思いを聞くことができるよ。
参加費は無料!希望する人は、
ご覧の電話番号かメールで事前申し込みしてね。

以上、もんすけの週刊あぐりニュースでした!
-------------------------------------
『農と学びの連携を考えるフォーラム』

日時:2月25日(土)13:00〜15:30
場所:札幌パークホテル 3Fパークホール
問い合わせ:
TEL 0120-764-670(平日9:00-17:00)
※事前申し込みで定員200名になり次第締め切り。


2月11日のクイズ
「ハムやベーコンなどの原料となる動物は
 なんだったかな?」

正解は「豚」でした


<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [+10] >>

TOP(全件表示)