今月
2020年10月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
ページ内検索

   表示:全て(299件)
<< [-10]
2014年04月10日(木) | あぐりっこ卒業おめでとう♪作文集(2)
2014年04月10日(木) | あぐりっこ卒業おめでとう♪作文集(3)
2013年03月30日(土) | あぐりっこ卒業作文〜番組から学んだ事〜@
2013年03月30日(土) | あぐりっこ卒業作文〜番組から学んだ事〜A
2013年03月30日(土) | あぐりっこ卒業作文〜番組から学んだ事〜B
2013年03月30日(土) | あぐりっこ卒業作文〜番組から学んだ事〜C
2011年03月19日(土) | 3月19日(土)放送 パペット人形劇を見よう!
2010年04月03日(土) | 【ロケ日記】第88話 農業の未来を支える研究所(2)
2010年04月03日(土) | 【ロケ日記】第88話 農業の未来を支える研究所(1)
2010年01月30日(土) | 【ロケ日記】第79話は しょうず●小豆●あずき編 (1)
2010年01月30日(土) | 【ロケ日記】第79話は しょうず●小豆●あずき編 (2)

[+10] >>

2013年03月30日(土) |  あぐりっこ卒業作文〜番組から学んだ事〜C
「いただきま〜す」
私はあぐり王国のロケに行ってから
ご飯を食べる前にはいただきますと言い、
食べた後にはごちそうさまと
自然に言うようになりました。
理由は2つあります。
1つ目は食べ物を育てている人達の気持ちを
知ったからです。あぐり王国に参加する前、
私は特に何も気にしないで食べ物を
食べていました。だけど農家の人の畑を見て、
話を聞いて食べ物は大切だと私は感じました。
2つ目は食べ物がどうやって育っていくのかが
わかったからです。最初は種のようなものから
始まって、最後はだいたい人間が食べます。
そこまでとてもたいへんな道のりなんだと
私は思いました。
これからも「いただきます」「ごちそうさま」
続けて、食べ物に感謝して食べたいです。
宮本紗良/みやもと さら
写真/H24年10月20日OA岩見沢・落花生
私はあぐりっこ隊に入って、
北海道の農業について多くの事を学びました。
初めて行く土地で生産者の方々が
一所懸命育てた自慢の作物を実際に
見せてもらったり、自然が作る湿原や
自然から利用できるエネルギーなど
驚いたり関心したりいつも楽しい時間を
過ごしていました。
私が質問をしてプロデューサーさんが
優しく答えてくれたことも嬉しかったです。
地元の美味しい食材を使って料理をしたり
地元の方々が作ってくれた料理は
いつも完食していました。
苦手だと思っていた食材も
おいしく全部食べてしまいました。
色々な工夫をして愛情が込められて
作られた野菜が、とても甘くて美味しいことを
知りました。5回のあぐり、この中で
一番印象に残ったのは
「なんぷカレー」の大きな野菜です。
人参のキンピラの甘さは忘れられません。
森彩華/もり さやか
写真/H24年5月26日OA滝川・直播
ぼくがこの番組に出て学んだ事の1つ目は、
はしの持ち方です。
あぐり王国のオーデションが決まった時から
正しいはしの持ち方で豆をつかむ練習を
していました。オーデションの時は
あまり上手に豆をつかむ事が出来なかったけど
なんとか合格して、出演が決まるまでも、
ずっとはしの持ち方を練習して、本番には
きちんとはしを持てるようになりました。
2つ目は体力温存の事です。
ぼくは休憩時間に友達とはしゃいでいたので
本番には体力が減ってしまい、
帰りの時には体力がほぼゼロになって
寝ていました。でもリーダーを見ていると
休憩時間はじっと目を閉じて体力を温存し、
本番の時には子供のようにはしゃいでいました。
「本物のプロはこうやっているのかな?」と
思いました。
山根竜馬/やまね りょうま
写真/H24年10月27日OA士別グローバルギャップ
私が参加して学んだ事は「食事の大切さ」など
学びました。コンサドーレの選手のみなさんと
体を動かし食事をしてゴールデンエイジという
大事な時期の事も教わり、最近では必ず
10時ぐらいには寝て、6時には起きるという
生活のリズムを整えるようになりました。
食事も残さずいっぱい食べるようになりました。
収録ではコンサドーレの方々と
体を動かす大切さも改めて分かりました。
このような貴重な体験もさせていただき、
1つの思い出になり勉強の1つとして
学べたと思っています。
そしてコンサドーレの方々とサッカーをし、
お話を聞き、私は大きな夢が出来ました。
将来、世界で活躍する女子サッカー選手です。
最後にあぐり王国全体を通して、
1分1秒を人生で1つも無駄にしない
と言う事も学びました。
結城菜々花/ゆうき ななか
写真/H24年9月22日OAゴールデンエイジ
「北海道で産まれたけど…」
私は北海道で産まれ育ちました。ですが
そんな私でも知らない事があるのを
あぐり王国を通して知っていきました。
最初「あの干し草の丸いやつ、何だろう?」と
素通りしていました。ですが、ちゃんと
「牧草ロール」という名前があるのを知ってから
「あっ!」と気づくようになりました。
あと入り終わった温泉のお湯をビニルハウスの
温度を上げるために再利用してたり、
ねぎは雪の下で育つ事によって、
より甘くなるというおいしい事も知りました。
3年間を振り返ってみると
「農家さんの知恵ってすごいなあ〜」と
すごくすごく感じました。
私にとってあぐり王国は、
友達の輪を広げてもくれました。
今ではたくさんの友達があぐり王国で出来て、
嬉しかったです。
リーダー、佐々木アナ、オクラホマさん、
スタッフさん、カメラマンさん、
今まで本当にありがとうございました。
あぐり王国で学んだ事を
これからも活かしていきたいです。
吉岡桃花/よしおか ももか
写真/H24年8月11日OA用水路



TOP(全件表示)